Googleウェブマスターツール のページを説明 : Seesaaブログカスタマイズ

記事

Googleウェブマスターツール

Googleウェブマスターツール 登録方法

今回は、Googleウェブマスターツールサイトマップ登録する方法を紹介します。
サイトマップの登録が出来れば、なかなかインデックスされにくいページをGoogleに認識してもらえやすくなります。

Yahoo!にサイトマップを登録する時に使うサイト、サイトエクスプローラーでもxml形式のサイトマップを登録するので、同様の作業をする事になります。
まずはしっかり、Googleに登録してみましょう。

【注意】xml形式のサイトマップが表示されているか確認するには
サイトマップ登録の説明をご覧下さい。

Googleウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.html

まず最初に、Gmailアカウントを用意しておきます。
既にアカウントを持っているなら、そのアカウントでウェブマスターツールにログイン出来るようにする事が可能です。
今回はGmailアカウントの習得方法は割愛させて頂き、ログイン出来たとして話を進めます。

まずログイン状態で、Googleウェブマスターツール ダッシュボード の画面が表示されます。

サイトを追加に、登録サイトのURLを入力しOKボタンを押します。

既にGoogleにインデックス(登録)されていれば、インデックスされてると記述が出てきます。
これは気にせず、そのままサイトマップ登録作業を続行します。

画面のプルダウンでサイトの確認方法というものを選択します。
これは、登録者がサイトを管理する人間である事を確認する作業です。

これによって、いたずらによる関係のないサイトマップの登録を防ぐ事が出来ます。

サイト確認方法は2種類です。

  • HTMLをアップロードする方法
  • METAタグを追加する方法

Seesaaブログの場合は、METAタグを追加する方法を選択します。
これはテンプレートの編集は出来ても、ルートディレクトリへのFTPアップロードが出来ないからです。

まずは、表示された<meta 〜>というタグをコピーします。

次に、別ウィンドウでSeesaaブログの管理画面を開き、
デザインHTMLと選択します。

初期状態なら、HTMLの追加をクリックします。
既にカスタマイズしている方は、現在使用しているテンプレートを選択します。

テンプレートのソースが表示されるので、<head>から</head>の間のいずれかの場所に、先ほどの<meta 〜>というタグを貼り付けます。

保存が完了したら、先ほどのウェブマスターツールのウィンドウに確認ボタンがあるので、それをクリックします。

ここで確認に成功しましたと表示されれば成功です。

作りたてのサイトの場合は、サイトマップのステータスは、保留として表示されます。

早ければ数分で完了したりもしますが、新規サイトなら数時間程でOKとなります。

Googleウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/docs/ja/about.html




Category SEO対策

SeesaaブログカスタマイズのGoogleウェブマスターツールのリンクについて

SeesaaブログカスタマイズのGoogleウェブマスターツールのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。