タグクラウド のページを説明 : Seesaaブログカスタマイズ

記事

タグクラウド

タグクラウドは必要か?

当ブログにはタグクラウドはついておりません。

使用しない理由は二つです。

  • タグクラウドの分、ソースが重くなる
  • カテゴリだけで充分にわけれるように記事を配置する予定

タグクラウドが不要なサイトとはどんなサイトでしょうか。

まず考えられるのは日記サイトです。

必要な検索機能は日付順になるか、どの日付の文章か、といった内容になります。

日記を読むのは順番に読めるか、どの日付けの日記を読むのか、が重要であり、タグで分類してもあまり関係ありません。

同じ理由で、サイトの報告や更新情報のブログも日付順の検索が重視されがちです。

どちらかというと、サイト内検索窓の方が重要です。

次に考えられるのはカテゴリだけで簡単に記事を検索できるサイトです。

カテゴリから欲しい情報にアクセス出来るなら、過去の記事やタグなどの検索は必要ありません。

たまに関連する記事は直接リンクを記事内に書き込む事で対処します。

当ブログも、この方針で組み立てたいと考えています。

タグクラウドはどんなサイトに欲しいか

一方、検索の手段は多い方にこした事はありません。

キーワードによる検索をしたい場合、記事につけたタグごとに記事を検索できるタグクラウドは、キーワードでの快適な検索を可能にします。

もっとも、しっかり意識してタグをつけないと訳がわからなくなります。

顔文字のタグなど問題外でしょう。

タグは簡単に設定できるかわり、目的を持って管理していないとタグクラウドは機能しません。

ただし、カテゴリだけではなく、違うまとまりでもまとめたい、という使い方では一番の検索機能です。

タグクラウドは以下の様なサイトで運用できると効果的に機能します。

  • 互いの記事が関連するキーワードで繋がりやすい
  • 情報が多岐に渡り、簡単に目的の記事にアクセスできる手段が不可欠

記事同士の内部リンクで関連付ける方法もありますが、関連付ける記事がキーワードごとになるのなら、大変な手間となってしまいます。

内部リンクでつなぐ場合は、特別に関係ある記事だけにしておき、タグを中心に使うほうが楽に分類出来ます。

タグクラウドを使うと決めた場合、タグのつける法則を最初に決めておくと後々楽になります。

一貫した考えに基づくタグをつける為にも、法則を最初に決めるのは非常に重要です。

カテゴリだけでは記事の分類の仕方に困るという方は、ぜひ記事のタグを有効に配置して、タグクラウドを運用してみてください。




Seesaaブログカスタマイズのタグクラウドのリンクについて

Seesaaブログカスタマイズのタグクラウドのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。